距離という高い壁

昔の話になりますが、遠距離恋愛をした思い出です。

私が当時の彼氏と付き合い始めた頃はお互いに一人暮らしをしていました。お互いの家の距離はなんと徒歩2~3分程度!翌日に予定が入っていない日は私がパジャマ姿で彼の家に遊びに行ったり、近所のファミレスでのんびり朝食を取ったりしました。今となっては懐かしく思います(*´-`)

それから私は一人暮らしを辞めて埼玉県の実家に戻り、中距離の恋となりました。それでも二週間に一回くらい東京方面にデートに行き、毎日LINEもしていましたので寂しいと感じた事はありませんでした。

しかしながら次の春彼が一人暮らしを辞めて実家に戻り、埼玉県~秋田県という長距離恋愛になってしまいました(´・ω・`)

記念にとディズニーシーに行きましたがその時は楽しい以外に無く、寂しさは感じませんでした。

その後彼の一人暮らしのアパートに行った時に「もうここに来る事は無い」と思い、涙が止まりませんでした。その時の彼の「早く結婚しよう?」の一言が口約束ではございますが、とても嬉しかったです(*´-`)

最後の日旅立つ彼を大宮駅で見送りました、湿っぽくならないように笑顔で見送りましたが家に帰ると涙が止まりません(/_;)

母から「遠距離になるなら別れれば?」と言われましたが、彼と彼の一言を信じる事にしました!(^^)bそれでもなかなか会う事は難しい物です、新幹線だと往復で三万円を超え、夜行バスでも一万円以上かかります、ただでさえ金欠病末期なのに辛い限りでした(´・ω・`)

また彼のご実家は工場を営んでいたのですが、彼が仕事の勉強の為に一ヶ月半以上会えなかったのです(´・ω・`)

普通に二週間くらいならば会えない日はありましたし、遠距離ですので仕方ないかなと割りきっていました。しかしながらいざとなるととても寂しいものでした(/_;)

毎日やり取りはしているのですが、日曜日でも決まった時間帯にしか返信が来ず多忙な事が伺えました。以前アルバイトが忙し過ぎて倒れた事がある彼なだけに心配もあって、気が気ではありませんでした。こんなに会いたい気持ちが募るのに会えないなんてとモンモンする日々でした(T^T)

それまでTVなどで遠距離恋愛の特集などを見た事がありましたが、いつも他人事で「ふーん」と流し見していました。まさか自分事になるなんて人生わかりませんでしたね。今となっては懐かしい頭痛の種のお話でした(´・ω・`)

 

暇つぶしのつもりが、素敵なお店との出会いに!

先日、ショッピングモールでの買い物に出かけたのですが、待ち合わせて一緒にお店をめぐるはずだった友人が交通トラブルに引っかかりました。「30分ほど遅れそう、ごめん!」と連絡が来たので、買い物をするはずのメイン店舗ではなく、あえて普段の自分なら見て回らなそう…という一画をのんびり歩いて、暇つぶしをすることにしました。

もともと買う気がないと、こういったウインドウショッピングはとても気楽で楽しいものです。ふと、紅茶の専門店の前で足がとまりました。私は紅茶が大好きですが、そこまで詳しいというわけではありません。私の知らない種類のお茶があるかも?と思って、何気なく入ってみました。

そんなに大きなお店ではなかったのですが、入ってびっくり。天井の近くまで、高い棚にびっしりと紅茶の缶が並べられているのです。ラベルの銘を見てみても、とても難しい外国語由来の名前ばかりで、さっぱりわかりません。

「アールグレイ」と「オレンジペコ」、「セイロン」「ウバ」以上の銘柄を知らずに、これで私もよく紅茶が好きだ…と自称できていたものです。店員さんは2人いたのですが、他のお客さんにつきっきり。私は時間もありましたので、これを機会にじっくりとお茶の数々を見て回ることにしました。

お茶の缶はそれぞれ見本用に小さなものが添えてあり、実際に茶葉の香りをかいでみることができるようになっていました。それらを開けてみるたび、漂ってくる様々な芳香にうっとり…∩(´∀`)∩ フルーツやスパイスなど、素敵な香りがつけられた「フレーバーティー」なども豊富に種類があり、全く飽きませんでした。また、紅茶の香りは香水ほどにきつくないので、まさに癒し効果満点でした。

何十点ものお茶葉を試しにかいだあと、順番がきて私が購入したのはフレーバーつきの「白茶」という中国茶です。お茶葉は軽くてかさばらないので、こんな衝動買いでも荷物の負担にならず、まさにうってつけの時間つぶしでした。遅れてやってきた友達にも、香りをかいでもらって盛り上がったほどです。実際、帰宅後に淹れてとてもおいしかったので、このお店にはまた行くことになりそうです!

 

結婚するために必要なこと

結婚するためには貯金がなくては女性は寄り付かない。

女性は男性の収入、貯金、容姿を見極めて交際を決めると思います。

貯金がない男は大抵結婚しても上手くいきません。なぜかというと結婚することで予想以上のお金が掛かってきます。

結婚式、結納金などそこだけで数百万と大金が掛かります。家庭を持つことで生活費も2人分掛かってきます。

その他に家具や交際費、それに子供が産まれれば養育費といったものも掛かってきます。

このことを考慮したうえで貯金しておくことが必要だと思います。

貯金がある程度貯まったら出会いを求めることをお勧めします。遅いと思う人がいると思いますが、自分の努力次第で必ず出会いはあります。

私の周りの奥様方の話をまとめますと貯金がなくてストレスを抱えている人のほうがたくさんいます。

容姿に囚われず貯金で結婚を決意しておけば良かったと後悔していました。

今は出会いを求めるにも様々な事柄があります。出会いサイトや婚活パーティー、イベントなど一昔前と違い多くの出会いのチャンスがあると思います。

中々踏み出せない人も、失敗しても次があります。同じ女性もたくさん居るので積極的に行動してみましょう。

女性選びにはいくつか気をつける必要があります。容姿で選ぶと後に後悔します。

女性には綺麗でいてもらいものですが容姿を気にしている女性はお金が掛かって大変です。

美容、髪、服装などいくらお金があっても足りません。自分の容姿を保てなくなると攻撃的になってしまい大変になります。よく鏡を見ている女性には気を付けましょう。

またお金の話をする女性にも気を付けましょう。

私がお勧めするのは子供好きの女性を選ぶことです。

子供は要らないと思う人でも子供好きの人は相手のことを良く考えてくれ性格が良い人がたくさんいます。子供を産んだことで豹変するといったことがなく負担が減ります。

出会いを求めるのは男性も女性も同じです。中々見つからないと焦らず考えて下さい。

交際している人は交際期間を長くとり結婚を決めたほうが良いと思います。

出会いの参考サイト 福岡で婚活して最高の人と出会おう!

おいしいウニの瓶詰

この間日帰り旅行に行った時のことです。長めのドライブ感覚で出発した小旅行でしたが、目的地周辺で食事をとったときはがっかりしました。

観光雑誌にも載っているホテルの中にあるレストランで食事をとったのですが、値段が高い割に全然おいしくなく量も少ない。旅行で楽しみにしているのが風景、普段できない体験、食事の3つなので、そのうちの食事がダメだったことがすごく残念でした(><)。

一気にテンションが下がってしまいました。レストランから見える海の景色はなかなかだったことが救いでしたね。

それから島をあちこち回ってみましたが期待したほどの面白い体験はできず、景色についても特別素晴らしいというほどでもなかったため今回の旅行はちょっと残念な感じだったなと思いました。帰りがけにお土産を買うために道の駅みたいな場所によることにしました。

新鮮な海産物やその加工品がずらりと並んでいました。魚の干物とかかまぼことかおいしそうなものがたくさんありました。旅行そのものはいまいちでしたが、ここで買えるものには期待できそうだと感じました。

そんな品々の中にウニの瓶詰がありました。お店の人が言うにはウニの中でも最も高級なバフンウニというウニを使っているとか。普通で買えば結構なお値段になるけど産地直売ということで通常の半額以下で買えるとのことです。

でも私は正直興味がありませんでした。いままでウニを食べたことは何度もあったのですが、おいしいと思ったことが一度もなかったのです。とくに後味の悪さがすごく印象的で口の中がすごく気持ち悪い(><)。

そんな記憶しかなかったので私は素通りしましたが、私の連れは気に入ったらしく何個か買っていました。

翌日の朝、連れがそのウニの瓶詰を食べたらしいんですけど、とんでもなく美味しかったらしいんです。

おいしいから一口食べて!と言われて一つもらって試してみることに。正直いやいやだったのですが、食べてみると、おいしい(^^)!ウニってこんな味だったのかと驚きました。

今まで食べたことのあるウニの質が悪かったんでしょうね。すっかりウニに魅了され、ご飯にたっぷり乗せていただきました。おいしかった(^^)!

 

婚活をする時はこんな気持ちが大事!

婚活をする時、どうしても失敗をしてしまったと思うことがありますね。
その時、自分に自信がなくなってしまい、婚活をすることをやめてしまうことがあります。
しかし、それはとてももったいないことです。
自分にぴったりの人は、必ずいるのです。
そのチャンスを自ら奪ってしまうのは、とても悲しいことです。
婚活をしているとき、気持ちの持ちようによって、その婚活を成功させることができます。
その内容について、まとめてみました。

・失敗を恐れない
失敗をした時、相手に断られたりして、がっかりしてしまいます。
しかし、そこで諦めてはいけません。
その時には、その人と出会いの運がなかったと思うようにします。
ふとしたときに、自分の相性とぴったりの人が現れることがあります。
婚活パーティで今日は気乗りがしない、そんなときに現れることもあります。
それは、不思議なことですね。
そのため、決して諦めることはしないようにしましょう。

・高望みしない
女性に場合は、背が高い人がいい、年収が高い人がいいなど、相手の男性に求めてしまうことがありますね。
また男性の場合は、若い女性がいい、可愛い人がいいなど、外見的なことで求めてしまうことがあります。
そのようなことで相手の人を選んでしまうと、失敗をすることが多いのです。
もしも結婚ができたとしても、こんなはずではなかったと思うこともあるのです。
そのため、自分の理想をそのまま用いることはやめましょう。
一番いいのは、性格を重視することですね。
そして、自分となんとなくフィーリングが合うということも大事です。
そのような人を見つけましょう。

・根気よく探す
一回ダメだった時、そのまま婚活をやめてしまうことがあります。
それでは、自分にあった相手の人を見つけることはできません。
婚活をする時には、根気よく行うことが大事です。
そのことを、自分で考えておきましょう。

婚活をする時、自分自身も大きく成長することができます。
そのため、婚活は自分のためにもとても良いことですね。

 

婚活は第一印象を大切に

人は見た目で8割が決まる。人は見た目で9割が決まってしまう……。そんな言葉を耳にすることもあります。

更に、第一印象が長くその人の印象となるとも言われますから、初めて会う方の前では最高に気合を入れた服装と身だしなみで登場することが必要です。

ただし、高級ブランドでまとめたり、奇抜なファッションやカラーで自己アピールをするのはあまりオススメできません。
彼氏や彼女を作りたい人の集いであればこれでも良いのでしょうが、結婚相手を探す場にはふさわしくはありません。

これらのイメージは、どうしてもお金がかかるといった印象があり、堅実に結婚生活を維持したい方にはネガティブに感じてしまうのです。

同じように、アクセサリー類をたくさん身に着けるのも避けるべき。お金がかかるイメージは絶対に匂わせないようにしましょう。

お洒落よりも力を入れて欲しいことは、清潔感と誠実さ。可能であれば、高いものでなくても良いので新しいものを選ぶと良いかもしれません。

こうすることで、自分では気が付かないことが多い部屋の匂いが服に付くといったトラブルも避けることができます。

女性であれば、香水系はあまりたくさん使わない方が良いでしょう。

露出度を控え、清楚で女らしい服装にするのがオススメです。パンツも良いですが、できれば落ち着いたデザインのスカートなどを選んでみてください。

男性もあまり匂いアイテムを使ったりせず、爽やかさと自然さをアピールできる服装を選びましょう。

そして、男女とも服装だけでなく小物類なども汚れやほこりが付いていないことを確かめてください。

眼鏡やバッグ、お財布、靴などといった細部にも注意しましょう。

こういった部分が汚れていたり適当だと、どうしてもだらしなく見えてしまいますから損です!(^^)!

同じように、ヘアスタイルにも気を付けてください。髪の毛がパサついていると、疲れている印象を与えてしまいますので、髪型だけでなく髪の状態にも気を配ってください。

健康的な印象を是非与えられるようにしたいものです。

そして見た目を整えるのと同時にしなければならないのが出会いの場を探すことです。いくら見た目が良くなっても出会いがなければ始まりません。

例えば、広島で婚活していて出会いを探しているのでしたら「広島で婚活して最高の人と結婚したい」というサイトのような広島に特化した婚活情報をまとめているサイトを見れば出会いの参考になります。

見た目は本当に大切なので、婚活している人はきちんと整えましょう!

 

段階を踏んだデートで相手がどんな人か観察しましょう

婚活で知り合う方法は、いろいろあると思います。婚活アプリも増えてきているし、婚活パーティー、友人からの紹介、結婚紹介所などです。

今回は様々な方法から、一人の異性と交際が決まってから気を付けたいことなどを書いていきたいと思います。

一緒に食事などをすると思いますが、最初に相手のチェックすることは、会話が弾むか、性格が自分に合っているか、お金の使い方など、いろいろあるでしょう。だけど一度の食事ですべてがわかるとは思えません(ー_ー)!!

あせらずに1回の食事では、いくつかチェックして、また次に持ち越しましょう。

ここで合格ラインの人だったとしても、まだまだ「お友達」として合格なだけです。この段階で「生理的に無理」という人とは、さよならすると思います(*_*)
お食事で第一段階がクリアできたら、ドライブデートがオススメです。ドライブでいろんな相手の性格がわかります。

例えば気が短い男性が、別の車の人に怒鳴ったりクラクションを鳴らしたりして「こんな気が短い人だったんだ」とわかったり、運転を男性に任せた女性が隣でグーグー寝ていたりと、ちょっとしたことで相手がどんな人かわかってしまいます(#^.^#)

こういうちょっとしたことで結婚後のことが想像できます。気が短い男性は、結婚後も何かと気に入らないことがあると怒りそうですし、運転しないで寝ている女性は、人に何かしてもらっても感謝せず、当然という顔で過ごす人かもしれません(-_-)

ドライブデートでうまくいったら、次はお互いの友人を交えたデートなどを企画してみます。二人っきりの時は優しかった男性が友人の前ではえらそうにしたり、態度が違うこともあります。女性も友人がいたら見栄を張ったり態度が明らかに違う人もいます(T_T)

そういう変化も「別に平気」という人もいれば、「耐えられない」という人もいて、嫌なら、そこで交際をやめることもできます(゜o゜)

いよいよ、うまくいって、最終チェックをしたいなら、お互いの部屋で過ごすデートも入れるといいと思います。部屋はその人を表します。几帳面な人が、散らかす人と暮らすのは大変だと思います。いつも自分が片づける側になっていいのか、考える機会になります(^_^;)

一通り試してみて、大丈夫なら、ようやく結婚相手として考えてみましょう。相手を見るのだから、もちろん自分も相手から見られていることも忘れず、後悔がないようキチンとした態度で、だけど自然体で接して相手から気に入ってもらえるよう、多少は頑張ってください。無理な頑張りだと結婚後も無理しなければいかなくなるので、そこは気を付けましょう(^^ゞ

 

私の最高に悲しかった結婚式

アラサーになると、周りはどんどん結婚していき、ご祝儀ばかりが消えていきます。しかもそのご祝儀がいつ返されるかも不明な状態です。本当にどうしたらいいのか!!そんな私が本当に悲しかった結婚式について愚痴らせてください(><)

ずっと彼氏が出来なかった親友。そのため最近まで共に婚活で戦ってきた戦友でもありました。お互いいい人に巡り合えなくて、婚活パーティーや合コンの後に二人でお酒を飲みながら愚痴るのがいつもの定番でした。
でも1年前その親友が職場の人とお付き合いすることになったと言われて大ショック!職場の先輩から付き合ってみようと軽く言われたらしく、すぐ別れるかもと話していましたが結局は結婚です(◎o◎)

結婚式では違う意味で号泣です。友達には親友だからってそんな感動しなくてもと言われましたが、実は違います。悔しくて一人になっちゃったという悲しみでした。こんなこと思いたくないのに最低です。

ちなみに私は今も婚活をしています。婚活を始めた頃よりも段々厳しくなっています。なぜなら周りが結婚しているから。この年齢になると周りからの紹介はされません。皆結婚して独身が相対的に少なくなっているからしょうがないのかもしれませんが。しかも同年齢の男性は自分よりも若い20代前半を狙っています。私なんかきっとおばさんなんでしょうね。。。
私も職場の人から男性を紹介されたこともありますが、なぜか歯のない方でした。考えてみれば私は昔から男運がありませんでした。今回も60歳の独身の方からなぜかアプローチされています。介護でもして欲しいのでしょうか?別に年上の方が嫌なわけではないのです。でもその方は若い方に手当たり次第にメールしているという感じがするんです。

もうこのままだと本当に結婚できないかもしれません。どうしたら結婚できるのでしょうか?全然わかりません。実は最近妹も結婚することが決まりました。妹にも先を越されてしまいました。
もう婚活をやめたいです。でも一人は嫌。。。誰か助けてください(p_q)

 

出会いってどこにあるんだ

二十五歳を過ぎてから、周りの友人たちはどんどん結婚をしていきました。残っているのは、仕事が忙しくて一生仕事をしていそうなキャリアをつんでいる友人か、私のように適当にパートなどフリーターをしてきて人生どう生きていけばいいのか曖昧な、経験をさして積んでいない者ばかりになってしまいました。

学生の頃は共学でしたので、それなりに男性もいたし話をする機会もあったのですが、社会人になるとどうしても上下関係や「仕事」という割り振りのなかでしか友好を積むことしかできず、プライベートでという形にはならないのです。

自分と一生を過ごしてくれる男性と知り合うために自分からも行動しなければなりません。

そこで清水の舞台から飛び降りるような気持ちで婚活に参加してみました。

自分のような人間でも需要があるのかもわかりませんし、まるで入学式で誰も知り合いがいないあの気持ちを思い出しドキドキしてしまいました。

自分にあったプランのところに参加してみたのです。まず、自分が会話べたであまり男性と会話ができませんでした。

会話ができても、それをうまく繋げることができないのです。例えば趣味の話などをされても自分に興味がなければ深く聞こうとしませんでした。「そうなんですか」と話を打ち切ってしまうのです。

男性からしたら、興味ないのか他の子のところにいこう、となりますし、にっこり笑顔で対応することも慣れていませんでしたので余計男性と話しができませんでした。

男性にしても女性にしても、自分に興味をもってくれる人でないと結婚できませんし、何のために婚活に参加しているんだ、と。それに気づいたのはパーティが終わってからです。

あのとき、ああいう会話をして繋げるべきだったとか、本当はこう返事をするべきだった、など気づくのが遅れてしまったのです。

後悔しても、今の自分より若いときはないのです。ですから婚活に参加するときの自分、今が一番若いのです。それを意識しながら参加しないと、周りにおいておかれてしまいますし、経験を積むことができません。

そう思えば思うほど、どんどんあせってしまいますし、うまいこと返しができなくて焦ってしまうのです。