段階を踏んだデートで相手がどんな人か観察しましょう

婚活で知り合う方法は、いろいろあると思います。婚活アプリも増えてきているし、婚活パーティー、友人からの紹介、結婚紹介所などです。

今回は様々な方法から、一人の異性と交際が決まってから気を付けたいことなどを書いていきたいと思います。

一緒に食事などをすると思いますが、最初に相手のチェックすることは、会話が弾むか、性格が自分に合っているか、お金の使い方など、いろいろあるでしょう。だけど一度の食事ですべてがわかるとは思えません(ー_ー)!!

あせらずに1回の食事では、いくつかチェックして、また次に持ち越しましょう。

ここで合格ラインの人だったとしても、まだまだ「お友達」として合格なだけです。この段階で「生理的に無理」という人とは、さよならすると思います(*_*)
お食事で第一段階がクリアできたら、ドライブデートがオススメです。ドライブでいろんな相手の性格がわかります。

例えば気が短い男性が、別の車の人に怒鳴ったりクラクションを鳴らしたりして「こんな気が短い人だったんだ」とわかったり、運転を男性に任せた女性が隣でグーグー寝ていたりと、ちょっとしたことで相手がどんな人かわかってしまいます(#^.^#)

こういうちょっとしたことで結婚後のことが想像できます。気が短い男性は、結婚後も何かと気に入らないことがあると怒りそうですし、運転しないで寝ている女性は、人に何かしてもらっても感謝せず、当然という顔で過ごす人かもしれません(-_-)

ドライブデートでうまくいったら、次はお互いの友人を交えたデートなどを企画してみます。二人っきりの時は優しかった男性が友人の前ではえらそうにしたり、態度が違うこともあります。女性も友人がいたら見栄を張ったり態度が明らかに違う人もいます(T_T)

そういう変化も「別に平気」という人もいれば、「耐えられない」という人もいて、嫌なら、そこで交際をやめることもできます(゜o゜)

いよいよ、うまくいって、最終チェックをしたいなら、お互いの部屋で過ごすデートも入れるといいと思います。部屋はその人を表します。几帳面な人が、散らかす人と暮らすのは大変だと思います。いつも自分が片づける側になっていいのか、考える機会になります(^_^;)

一通り試してみて、大丈夫なら、ようやく結婚相手として考えてみましょう。相手を見るのだから、もちろん自分も相手から見られていることも忘れず、後悔がないようキチンとした態度で、だけど自然体で接して相手から気に入ってもらえるよう、多少は頑張ってください。無理な頑張りだと結婚後も無理しなければいかなくなるので、そこは気を付けましょう(^^ゞ